2015年09月14日

展示「遊牧民 テヅクリノアキ」

こんにちは〜◎

今日は13日より開催している展示、
「遊牧民 テヅクリノアキ」について紹介!


昨年の冬に開催した4人展「テヅクリノフユ」から
作家も増え5人展となった今回の遊牧民。

テーマは「月とラクダ」だそうです。

DSC_0159.JPG



それでは作家さんの紹介といきましょ〜。

工房 福 銀屋
手彫り版作家と革細工師。
手のひら〜A4サイズの版を服や革にグラデーションで手押しする版作家・福と
手断ち・手縫いによる革細工師・銀屋。

DSC_0145.JPG

DSC_0144.JPG

いくつもの手彫り版を組み合わせて染められる衣服と上質な革細工。
ブースまわりは革のいい香りがします。

染めこもの咲-emi-
折り染めで染められた色とりどりの手ぬぐい。
生活に彩りと笑顔を咲かせます。

DSC_0137.JPG

DSC_0167.JPG

手ぬぐいは一律1500円とお手頃!
折り染めではなかなか見られないグラデーション手ぬぐいも同じく1500円です。

ネッタイヤ
草木染めの衣類やオリジナルデザインのグラスなど。
庭の草花で染められ、手で1枚1枚刷られた柄の衣服はすべて1点物。

DSC_0140.JPG

DSC_0169.JPG

染めに使われる草花は自宅の庭で採れたものだそうです。
草木染めの衣類はすべて作家さんこだわりの色合い。

nomad
天然石を南米の技法「マクラメ」で包み込んだアクセサリー。
0.75mmコードの繊細なラインと上質な天然石からは
スピリチュアルなパワーが感じられます。

DSC_0150.JPG

DSC_0147.JPG

作家さんの根気強さとマクラメ好きが伺える作品。
繊細かつ強固に編まれたマクラメは丈夫そうです。


temptation glass
2000℃以上の炎から生まれるガラス細工。
純ガラスによる透明感はまるで小宇宙です。
DSC_0157.JPG

DSC_0158.JPG

ガラスについた柄や模様はすべて偶然でなく、デザインされたもの。
またアクセサリーの金属パーツなどもすべて自作されています。



どの作品からも作家さんたちの念が感じられます!
ぜひこの贅沢な展示を見にきて下さい〇



posted by トライバル at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示のお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163582114

この記事へのトラックバック